2021年度 libido:新作発表






libido:の新たな拠点”F号室”

Fから始まる3つの物語を創作します。




集団となって3年目の2021年度は、本拠地・松戸に新たに構えた”F号室”にて3本の新作を作ります。この新作は俳優3名がそれぞれ持ち込んだ企画を岩澤が演出するものです。さらにそれぞれを一人芝居として立ち上げます。


今年は”1人”から始まることを探る旅です。

昨年の活動の中で、”独り”との出会いが強く印象に残っています。

”独り”なんですが、その人の中には絶対に誰かがいて、

その誰かがその”独り”を美しく魅せてくれるような機会が多かったように感じています。


こんな時代だからこそ、より1人1人とズブズブに密に関わってみたいと思います。


theater apartment complex libido:代表・演出家 岩澤哲野





F号室とは・・・


libido:が事務所を構えるせんぱく工舎1階の一番奥の部屋。昨年8月より改装に着手し、4ヶ月かけて小さなアトリエを作りました。

F号室の”F”は1階テナントの部屋番号。偶然にも出会った”F”と言う記号に魅了され、そのまま残してアトリエ名にしました。





日時 大橋悠太:『libido:F:たちぎれ線香』

         原案:古典落語「たちぎれ」

        2021年5月28日(金)〜6月5日(日)

   緒方壮哉:『タイトル未定』         
        2021年11月下旬予定

   鈴木正也:『タイトル未定』         
        2022年3月下旬予定

     ※各公演60分程を予定しています。



会場 せんぱく工舎1階 F号室

     〒270-2254 千葉県松戸市河原塚408-1

     JR武蔵野線新八柱駅/新京成線八柱駅 徒歩15分




チケット料金・ご予約などの詳細は後日発表!

※今後の感染拡大状況によって、公演内容の変更や中止となる可能性があります。



20190122_190124_0002.jpg
libido 新ロゴ 切抜.png
  • Twitter - Grey Circle
  • Facebook - Grey Circle
  • Instagramの - 灰色の円